トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

手振れ補正がどうしても必要か?

200mm以上の望遠レンズがほしくて色々調べてました。
前回日記では望遠するとどの程度の範囲のものが写るかを切り取りにて検証!
とりあえず300mmがほしいけど200mm程度でも使えるかな?という結論に達しました。

で、何を買うか?何ですが懐のさびしい俺にとってはレンズは簡単には買えません。
1万円程度の出費でさえちょっと悩みます。
というわけで、中古・新品問わず色々調べてみると手ぶれ付きで一番安いのはKissのズームレンズキットにも付属してる55-250ISでした。
2型が新品で13000円程度
ただ通販のみ(レンズキット付属をばら売りしてるようです)

手振れ無しだと昔のKissのキット付属の55-200や100-300が1万円を切る価格でオークションに出品されてました。
新品だとシグマやタムロンの70-300が1万3000円程度

手振れが必要だと55-250ISⅡの一拓なんですよねー
中古でも1型が9000円程度
4千円差で手振れが付く・・・・
手振れ無しなら近所のカメラ量販店でサードパーティー製が13000円ですぐ手に入る

たった数千円ですが悩みどころです。

で、手振れが無いと本当に使えないか?という検証がやっと始まります(笑)

屋外でそこそこの天気の日にキットレンズの18-55で手振れをOFFにし、ISO200 F11 55mm にて写真を撮りました。
中心部を等倍にした写真が↓です。

55f11i200_2

そんなに振れてない気がします。
F11のISO200でこれだったら問題ないかな?

次に室内です。

ISO400 F5.6 手振れ無し シャッタースピードが1/6です。
Iso400s16

まったくダメですね。
で同じ設定のまま手振れありです。
Iso400s16is
ぼやーっとしてますが、若干マシです。

次にISO感度を上げてシャッタースピードを上げてみました。
ISO1600 シャッタースピードが1/25です。
Iso1600s125
ISO感度を上げたことにより画像がぼやっとしてますが、等倍まで拡大しなければ問題なさそうです。

というわけで、よほど特殊な環境じゃなければ屋外だと手振れ無しでも見れる写真が取れそうな気がします。
子供の運動会くらいなら問題ないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月29日 (日)

250mmがどの程度のズームになるのか調べてみた

良くわかってる人は計算式とかですぐ求められるんでしょうか?
色々調べてみたら説明してくれてる写真サイトはたくさんありましたが、あんまり意味のわかってない素人の俺には図解を見てもわかりません。

300mmで撮影した写真は、キット付属の標準ズームの55mmで撮影した写真の11倍くらいとの記事を発見。
良くわからないなりに、250mmだと10倍くらいかな?なんて思いながら調べてみました。

で、見つけました!
18mm 50mm 110mm 250mm で撮影した写真を掲載してるレビュー記事を!
で、10倍くらいかな?ってことは、55mmで撮影した写真の10%を切り抜いたものが250mmで写した写真のイメージになるのでは?と思い実験
そして、上記で見つけたサンプルと比較してみたところ大体同程度でした。
というわけで、キャノンのキットに付属してるレンズの望遠側で撮影した写真を切り取ることによって、250mmでの撮影イメージがなんとなくわかるという話でした。

Zoomtest1
55mmで撮影したものを1/10のサイズに縮小

Zoomtest2
55mmで撮影したものの1/10を切り取りしたもの

撮りたい写真(風景等)がどの程度の拡大されるか気になる方は実験してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月27日 (金)

実際の値より拡大して写るのでは?

まだまだわからないことだらけなので色々サーフィンしてました。
俺が勘違いしたので他の方も勘違いするかも?ってことで日記です。

今使ってるカメラの素子はAPS-Cってやつなんですね。
フイルム換算で考えると小さいのです。
こういう書き方をするとわかりませんよね?俺もわかりませんでした。
で、レンズも、18-55mmなんて書き方で倍率ではありません。

色々勉強しようと思いましたが現状難しすぎます。
フイルムカメラ時代にはまったく興味なかったので、そういう基準と比べてどうこうってのは難しすぎますよねー
で、単純に数字が大きいほどズームが効くという単純な考え方で納得しました(笑)

ここからがタイトルの件ですが・・・
フルサイズレンズをAPS-Cにつけると1.6倍換算になる!
とのことです。
最初の付属レンズは、APS-C用の55mmレンズ(最大値)
で、安くて高性能な神レンズといわれてる、キャノンの50mmF1.8レンズ(フルサイズ用)を買ってみました。

上記のような文言から、「50mmをつけると80mm換算の望遠?」なんて思ってしまったのですよねー

で、55mmと50mmで撮り比べてみました。

50mmf18
50mm(フルサイズ用)で撮影したみかんです。

55mmf56
55mm(APS-C用)で撮影したみかんです。

大体同じようなサイズで写っています。
ここで勘違いに気づきました。

1.6倍に写るのではなく・・・
フルサイズの画像から真ん中当たりを切り抜いて保存するので、拡大されたように見えるだけってことだったんですよー

フルサイズの素子を持った上等のカメラにこのレンズをつけて撮影した画像は全体的には小さなみかんが写るはずなんですが、それの真ん中だけを切り抜く(APS-Cのサイズ分)ことによって同じ画像になるってことだったんですねー

というわけで、本当に望遠がほしいならもっと大きなレンズが必要だということに気づきました・・・・が、これに気づくまで1ヶ月以上勘違いしたままでした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

XARKカメラに興味を持つ!

以前から必要最低限の記録のためにコンパクトデジカメを使ってました。

ずっと”画素数”が写りの性能に関係してると思ってたのです。

でもオークションに出品されてる方の画像はやたらと綺麗

俺の撮影仕方が悪いのか?

と思いつつ、ライト等色々手を加えてきました。

そして転機が訪れた・・・

仕事でカメラの修理等を行うことになって色々と勉強させていただきました。

もともと精密機械に興味がある(作れるとか作りたいとか思っては無い)俺ですので、カメラに興味を持ちました。

そして、もともとの性格からか”値段の高いものは性能いいのが当たり前!安いもので使えるもの・安いものを使ってよい結果を!”という考えと、懐事情が一致してCANONの最安値のデジタル一眼レフカメラを購入!

CANON EOS Kiss X50 というものです。

値段は、並のコンパクトデジカメより安いです(笑)

が、何も考えずにシャッターを切るだけでかなり綺麗な画像が撮影できました。

「なんで今まで手を出さなかったんだろう?」

と後悔するくらいです。

実際今持ってるコンパクトデジカメの購入金額を合計すると、入門機ではなく最初から中級機以上がかえるほどの金額に!

そして、カメラにはまって行きそうな今現在です。

ちなみに・・・・

カメラに興味あるだけで、写真にはまったく興味がない!

そういうわけで、絵の構図やら何やらというのにはまったくセンスがありません。

というか、「ああいう絵を撮りたいなー」なんて構想もないので撮影はあくまで記録です。

対象その物がどういうものかわかればいいのです。

人を撮る場合は、前後左右の4枚とれば大体わかるでしょう!的な考え方です。

いろんな写真家さんのサイトがありますが、それでもほしい情報が見つからなかったりするのでそういうときの参考になればと思います。

(カメラ購入は約3ヶ月ほど前ですので、それからの行動を順番にアップしていきたいと思います)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2014年1月 »