« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

EOS Kiss N が来た

子供用に初代を落札した後、初代が届く前に子供用のレンズを捜していた。
そこで見つけたがのがEOS Kiss N + レンズ2本のセット
これからレンズ抜いて本体を転売すればレンズだけ買うより安くなるかも~
というわけで、落札
ただし、熱くなったのでNボディーを転売してレンズだけ残しても、レンズだけを買ったほうが安いという金額になってしまった(笑)

という経緯のNが今日届きました。

付属レンズもIS無しの古いタイプ
子供にIS無しはつらいかな?と思うと、自分用の18-55 ISⅡを子供に渡して、自分は今日届いたIS無しを使うしかないか?とか思ってます。
(IS=手振れ補正機構)

まぁ、とりあえずNがどんなものか手持ちのX50と撮り比べてみることにした。

撮影条件と画像加工は
EF-S 18-55 Ⅱ USM + エクステンションチューブ
F8 ISO 100 保存画像L(2機種でサイズが違う)
トリミングはせず縮小のみ

X50full
X50で撮影

Nfull
Nで撮影

色味(明るさ?)の違いがありますが、Nの画像が悪いという印象はまったく無し!

次に高感度(ISO 400)でのノイズ比べのために、ISO 400で撮影後中心部をトリミングした等倍画像です。

X50400
X50

N400
N

もともとの保存画像のサイズが違うので等倍にしたときの画像サイズがかわりますが、ノイズに関してはNも気になりません(というか俺にはあんまりわかりません)

こうなるとすごく画質にうるさい人じゃなければ、中古の古いカメラでもまったく問題ないってことになるのかな?(レンズも古いものですし)
何もしらなかったので、X50を買いましたが(廉価版なので安かったし)
もし買うときにこの情報が入ってきてたら、絶対中古で買いました(笑)

今回のレンズ2本セットは、X50のレンズキット(レンズ1本)の35%の位の価格で買えました。
今のX50の最低価格(価格ドットコム表記 2014.1.31)の半額以下でN+レンズ2本セットが買えてしまったのです。

これから一眼を買おうと思ってる人の参考になればと思います。
ただ、今回のNはキャノンでメンテナンス期間が終了してるので故障しても修理してもらえません。
ですが、ボディだけだと大手中古カメラ店でも1万円位で買えるものです。

故障したら修理の代わりに買い換えるということを前提に修理不可品の安いものを使うか?
キャノンがあと1・2年はメンテナンス対応してくれるものを若干高くで購入するか?(2014.1.31現在だとEOS Kiss X2かな?)
ここは懐具合等と相談してもらえればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月30日 (木)

初代KissDigitalが届いた

子供が若干カメラに興味を持ったので安いカメラを探してました。
オークションで「撮影できたがジャンク扱いで」というものを見つけ購入
どきどきしながら届くのを待ってましたが、ローパスの端に若干の傷があるだけで後は普通に動作しました。
写真の端に影ができるのが致命的と考えるか、子供のおもちゃにしては状態が良いと考えるか・・・
価格は大手中古カメラ店の1/3程度だったので良い買い物だと思いたいです。

写真は”機材一覧”に載せてます。

で、もともとのX50と初代の写りの違いを見てみるべく取り比べしてみました。

Kissdfull
初代 Lファイン保存 EF-S 18-55 IS+エクステンションチューブ12mm
絞り優先モード F8 ISO 100

X50full
X50 Lファイン保存 EF-S 18-55 IS+エクステンションチューブ12mm
絞り優先モード F8 ISO 100
(両方とも撮影したものを縮小しています)

画素数の違いでしょうか?銀色のビーズの再現力が違う気がします。
でも、素人が遊びで使うには初代でも十分な気がします。
初代の方の画像でもローパスの傷部分はわからない気がします。
よほど明るく白っぽい写真じゃない限り問題ないかなー

次に等倍表示です。
もともとの画像サイズが違うので表示されてる大きさが違います。

Kissd100
初代画像の中心部

X50100
X50画像の中心部

X50のほうが細かい部分まで再現できてしまうので、撮影するものによっては初代のほうが良い場合もあるのかも?

ちなみに初代は電池や充電器がなかったので怪しい(笑)商品を買いました。
ボディー関連の合計金額は送料5000円程度でした。

これからデジタル一眼を購入予定の人は参考にしていただければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 6日 (月)

近所の川で鳥を撮り・・・

鳥(名前わかりません)が飛んでたので、飛んでるところを撮りたいと挑戦。
フォーカスをマニュアルである一定距離にあわせて、後はひたすら連写(笑)
30枚位撮ったら数枚比較的ピントがあってるのがありました。
これはそのうちの一枚です。

Tori

完全にピントがあってるわけではありませんが、俺が撮ったと思えば十分かなーと
レンズ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
焦点距離 238mm
F9 シャッタースピード 1/320秒
ISO640

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

レンズのカビ対策

カメラを購入して3ヶ月ちょっと
レンズもここ1ヶ月で2つ増えて
カメラにさらに興味が出てきたのでいろんなブログを見てました。
で、知らなかったこと

「湿度が高いとレンズにカビがつく」

ってことなんですよね。
カビがつくのは知ってましたが、条件が結構ゆるかったのにびっくり
幸いにも秋に購入し今は冬
湿度も低いし気温も低いので今まで問題なかったですが、これからは怖い季節に向かいます
そこでカビ対策にドライボックスを検討してましたが・・・

カメラ関連豊富な量販店に行くのが億劫
交通費も馬鹿にならず
通販だとサイズが微妙にわかりにくい(一応サイズ記載はあるけど入るのか?ってのがわからない)
そこで!
だめもとでホームセンターに行き、機密性の高そうなタッパを購入
シリコンパッキン付きでおそらくそれなりに機密性があるのかな?
それに湿度計をいれて乾燥剤をいれてとりあえず市販のドライボックスの変わりに

カメラ1台レンズ3本フィルターや接写リングを入れて丁度のサイズでした。
50mm単焦点
18-55mm標準ズーム
70-300mm望遠ズーム
の3本があるので貧乏な俺としては今後しばらくはレンズも増えないはずなので十分かなー
(本当は28-135mm程度の範囲のがほしいけど)

とりあえず蓋を閉めて30分位で湿度40%位になるのでこれでしばらく様子をみてみようと思います。

費用ですが、市販のものが2000円前後だったのに対して、今回かかった費用は1000円ちょっとという低価格でいけました。
もし機材が増えたら、普段持ち出し用のセットと、めったに使わない機材を分けて2個にしようかと思います。

Case1
Case2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

夕方

新しいレンズがうれしいので家の前で色々撮影
特になにがあるってわけじゃない場所ですが写ってた写真が気に入ったのでアップします。
ただの自己満足です。

Yugata
シグマ 70-300 F5-5.6 DG MACRO
F11
ISO 250
露光時間 1/200秒
焦点距離 108mm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

70-300mm F4-5.6 DG MACRO [70-300mm/F4.0-5.6 キヤノンEF]

先日より望遠レンズがどの程度写るのか?(どの程度望遠できるのか?)が気になりだし、とまらなくなりました。
とりあえず安いものでもいいので購入しようと思いヨドバシカメラへ
本当は少し軽めのタムロンの70-300がほしかったのですが売り切れなので仕方なくシグマのタイトルのものを買いました。
重たいです。
でも、タムロンのものも100g程度軽いだけなので、やっぱり重たく感じたかと思います。

撮影した感じですが重たいのでつらいです。
300mmが必要ないなら、Kissの昔のキットレンズになってた、55-200とかの中古の安いのを探したほうが普段使いにはいいかも?
写りをものすごく気にされる方は、こんなブログを参考になんかしないだろうから本当の素人さんの参考になればと思ってます。

55-200mm USM で6000円前後位で中古が売られてるかと思います。

とりあえず、外にもって出たレンズが、50mm と 70-300mm だけだったので、この2本で撮影した画像をアップしたいと思います。
どの程度の望遠かの参考になればと思います。

とりあえず明るさも何も考えずにシャッターを切っただけの画像です。

50mm
キャノン EF50mm F1.8Ⅱ (F9 ISO100 1/200 50mm)

70mm
シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO (F9 ISO100 1/200 108mm)

300mm
シグマ 70-300mm F4-5.6 DG MACRO (F9 ISO400 1/500 300mm)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »